渓を走る

フライフィッシングとランニングを主体としたブログです。 野鳥観察にも時々でかけています。

一昨日、若手走友の結婚披露宴に招待された。

彼は、大学卒業後、就職浪人?の苦労を続けた後、教員としてランナーとして頑張り続けている。また、素人ランナーの中心的存在として周りを引っ張っている素晴らしい青年だ。

披露宴の隣りの席に、関西弁の青年が座っていた。新郎とは大学時代の親友だが、実は彼の話は新郎から聞いていた。新郎以上に苦労して実業団入りしたランナーだと・・。
数年前の衝撃的な彼のデビュー。「都道府県駅伝アンカーでの激走」や「実業団駅伝の爆走」は印象深かった。なお、都大路、箱根は故障で走れなかったとも言った。
彼は私のことは全く知らないと思うのだがこう言った。
「仕事をしながらマラソンを走るのはすごいですよね」。自分には全くその意識がない。実業団でトップで走ることの方がすごいと思うのだが・・

彼は現在脚の手術後でリハビリの最中(たぶん)で厳しい状況なのだろう。「もう一度華を咲かせたい」と語っていた。本当に頑張ってもらいたいものだなぁ。
スポンサーサイト
このページのトップへ
先日、駅伝を走ったが、本当に久しぶりで結果は昨年11月末から故障していたこともあり、ベストにはほど遠い記録だったが痛みがなく走れたことが本当に嬉しかった。

当日はアンカーだったので時間に余裕があり、途中の区間の応援に行ったところ、知り合いの選手から私に
彼:「ようやく今度結婚します」
私:「おめでとう!」「ところでだれ?」
彼:「○○ちゃんです」
私:「えっ?」・・・
これには本当に驚いた!

1月末には別の知り合いのランナーの披露宴があるが、それに続くおめでたい話しだ。彼が良き伴侶と永く走り続けることを祈っているし、彼女も本当に素晴らしい人に告白され、本当に嬉しかったのではないだろうかなぁ。
このページのトップへ
今日もクロツラヘラサギを観察に出かけた。
意外な場所で採餌中。かなり汚い場所だが、餌も豊富なのだろう。
つい、イカ釣り用のボラを確認してしまうあたりが、釣り師の性か・
クロツラヘラサギ

[“クロツラヘラサギ その2”の続きを読む] このページのトップへ
この名前を知ってる人は少ないでしょう。名前はサギですが、トキの種類で、世界に1,500羽しかいない希少種です。参考までに↓

-----------
英名: Black-faced Spoonbill
全長74cm、朝鮮半島で繁殖していることが知られ世界でも生息数が少ないといわれている。冬期にごく少数が県内に渡来し越冬する。沖縄本島の漫湖や瀬長海岸には定期的に1~2羽が渡来している。
参考文献: 環境庁編, 1991. 日本の絶滅のおそれのある野生生物-レッドデータブック- 
------------

昨年、はじめて近くの河口に飛来しているのを見た。今日もたまたまその河口を訪れたら、「日本野鳥の会 日本クロツラヘラサギネットワーク」の方が調査していた。どの世界にもマニアがいる。私も時間があればゆっくりと野鳥を観察したいのだが、いかんせん、釣りに、ランニングにと時間がない。
走れなくなったら、世界中を旅行し鳥を見てみたいものだ。

↓この鳥はツクシガモ。結構珍しい鳥だ。
ツクシガモ

このページのトップへ

FC2Ad

Information

tokutoku
  • Author: tokutoku
  • ランニングとフライフィッシングが好きな中年のブログです。気軽に書き込んでいってください。

Search

Calendar

12 « 2006/01 » 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

tokutoku

  • Author:tokutoku
  • ランニングとフライフィッシングが好きな中年のブログです。気軽に書き込んでいってください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる